バッグ・鞄の染め替え、高度なクリーニング技術

10,000円以上のご注文で往復送料無料

バッグの色を変えたり、染め替えができることをご存知の方はほとんどいません。そしてまた、バッグの染め替えができるバッグ専門店もありません。

バッグの色を変えるというだけでなく、バッグが汚れてしまって元に戻らないという時に、捨ててしまうのでなく、濃い色に染め替えすることによって新しいバッグに甦ります。

目次

    布バッグの染め替え

    黒と白の模様が編み込まれた布バッグです。

    白い部分が変色してしまい使用に耐えられないので、また使えるようにしてほしいというご要望です。染め替えすることにしました。どんな製品でも染色は、あらかじめ染色された素材を組み立て縫製し、製品にします。一方、バッグの染め替えは、製品になってからの染色ですから、大変難しくとても高度な技術を要します。

    このキャンバスのバッグは、全てを真っ黒に染めてしまうのではなく、色のツートンのデザイン性を残すという方法を取り、結果的に白の部分はグレーになりました。

    茶色に変色した部分も隠れるようになり、前のものよりシックな感じのバッグとなってお客様から大変感謝されました。
    染色における後染めは、染めてみないとわからないところもありますので、色その他に関してお任せいただくようにしています。

    コーティングされたエルメスガーデンパーティの染め替え

    エルメス ガーデンパーティ

    キャンパス地にコーティングが施されており、汚れがひどくついて、変色を起こしています。こうなったらこのバッグは手の施しようもありません。

    変色はバッグの中側にも及んでいます。実はこの原因は、底側のレザーにあるようです。レザーの色が昇華移染(空気中から色が移ること)によって、キャンバス地に移ってしまったと考えられます。高温多湿の日本ではしばしば起こる現象です。

    底カドもひどくスレています。すべて黒く再染色することで隠してしまおうというスペシャルなメンテナンスを行います。

    バッグの表も中も、染色にはエアブラシを使って全体的な染め替えを行います。

    細部は筆で修正していきます。ステッチを元の白色を残すこともできますが、今回はすべてを黒く染め替えることになりました。

    カドの部分は、レザー部分の損傷がひどかったので補修しながらのリカラー(色補正)です。

    ボタンの金具を保護して染色、金具は研磨のケアをします。

    こうしてガーデンパーティーPPMがトゥイリーのTTPM ブラックのように生まれ変わりました。

    中もこのようにキレイになりました。

    レザーバッグの染め替え

    トッズ Dバッグ

    イタリア、トッズのバッグ。英国のダイアナ妃が使っていたのでDの名がついたそうです。

    シルバーメタリックの染色が施されていますが、シミ汚れ、変色も多いので、今後汚れが付いても目立たない黒に染め替えてほしいというご要望です。

    染め替えは、バッグクリーニングで汚れを洗浄してから行いますが、元の色を落としてしまうわけではありません。元の色の上に新しい色を載せていきます。元の色より薄い色に染替することは元の色が出てしまうので、濃い色にしか染替えすることは出来ません。

    汚れの跡など全く見えなくなりました。キレイな黒に仕上りました。

    汚れはないけど違う色に染め替え

    フェンディ ハンドバッグ ドクターB

    お客様の好みの色は様々で、色見本を添えて染替してほしいというご希望です。

    バッグの縁(フチ)にもはがれがあるので、それも修正します。

    色見本に基づき、染色する色を作ります。

    微妙な色を出すためには、一見考えられないような染料の組み合わせでできる場合があります。バッグの染色はこの染料の調合技術によって大きく変わってきます。

    お客様のご希望通り、明るいパープルの色に仕上りました。

    バッグの縁(フチ)もキレイに修理出来ました。

    白いレザーバッグの汚れは染め替えがおすすめ

    バレンシアガ ハンドバッグ ザ・シティ

    お白いバッグに大きな汚れがつき、スレキズも多くあります。

    表側には大きな汚れがありませんが、薄汚れが目立ちます。
    白いバッグにひどい汚れがついてしまったら、染め替えることをおすすめします。白い染料に白色を染色してもシミ跡が残ってしまうことが多いからです。

    汚れを洗浄してから染色します。今回の染め替えは、お客様は薄い色がお好みということで、パステル調の色に染め替えました。

    あらかじめバッグクリーニングの洗浄がうまくいったので、このような薄い色にも染め替えすることが出来ました。

    バッグ・鞄クリーニングに関する疑問は解決しましたか?

    お客様からいただくよくあるご質問をまとめたページもご用意しておりますので、疑問点等ございましたらそちらもあわせてご覧ください。

    0120-913-814

    電話受付時間9:00-18:00