袖口、襟汚れは手洗い除去

10,000円以上のご注文で往復送料無料
目次

襟、袖口の汚れ

モンクレールのダウンジャケットです。エリがとても汚れています。淡い色のものは特に目立ちます。襟周りの汚れは主に皮脂汚れですから、簡単には落ちません。

袖口の汚れ。袖口の内外側ともひどく汚れています。長く洗濯やクリーニングしないで着用しているとここまで汚れてくるのです。

袖の外側にもひどい汚れがあります。着用時の長い間に汚れのものに接触して付着した汚れです。

モンクレールのブランドロゴワッペンも薄汚れています。

油のようなシミもあります。ヒトの汗や食べ汚しなどは水溶性、皮脂、油汚れは油溶性の汚れで、汚れの種類が違います。ダウンウエアを水洗いするには、油汚れと水溶性の汚れの両方を除去できる洗浄剤が必要となります。

石けんシャンプーを染みこませる

ダウンジャケットの汚れは、洗浄機にいれて洗うだけでは決して落ちません。洗浄力の高い洗剤で、隅々までブラッシングして除去していきます。

まずエリの汚れから除去していきます。エリはヒトの肌に触れる広い範囲に汚れが付着しています。

ブラッシング

40度のお湯に溶かした天然石鹸液でブラッシングするとみるみる汚れが溶けていきます。ブラシは汚れの程度に応じて幾つかの種類を使い分けますが、すべて柔らかいものを使用。繊維を傷めないだけでなく、ブラシの繊維が細かいので汚れをかき出しやすくなるからです。

次に袖口です。汚れがひどくこびりついています。

エリと同じように40度のお湯に溶かした天然石鹸液で、ブラッシングすると汚れが溶けていきます。

袖口の内側、外側ともすっかり綺麗に。

袖裏のしつこい汚れも取れてきました。

モンクレールのロゴワッペンにもブラッシングをかけます。

中綿ダウンの汚れ

これは、ウエア内部の羽毛の汚れが外側に透けてきたもの。ダウンの製造時に汚れたままのダウンが紛れ込んでしまったのです。高級ブランドダウンといえども、まれに見られる現象で、いくら外側から洗っても取れないので、本洗いをしっかり行うことで綺麗になります。

手洗いの仕上げとして、石けん溶剤にしばらく漬け込みます。本洗いのために中綿のダウンに溶剤が十分に染みこませるためです。汚れが溶けてくるうちに、ダウン本来の膨らみが取り戻して膨らんできました。ここまでが前処理です。ダウンジャケットのクリーニングはこれだけでは終わりません。

ダウンジャケットの本洗

この後ダウンジャケットは本洗いされます。ダウンの中綿の汗や汚れを除去します。 軽い水洗いですから、汗は取りますが、羽毛の油分はそのまま残ります。

自然乾燥

タンブリング乾燥機ではなく、じっくり自然乾燥をします。ダウンウエアに負荷をかけないためです。絡まった中綿のダウンをほぐす加工をして、ダウンウエアの洗いの工程は終了です。

最後のアイロン仕上げ

最後に、業務用アイロンで蒸気の出る量を調節しながらアイロンをかけていきます。ナイロンや、ポリエステル素材の表地は、微妙なシワが寄ったり、繊維が偏ったりしています。それを蒸気の力で伸ばしたりほぐしたりすることで、本来の滑らかさとツヤを取り戻します。

出来上がりました。見違えるほど綺麗になりました。

袖口の汚れはすっかりキレイに。

モンクレールのロゴワッペンも

真っ黒に汚れていた袖外側の汚れもこのとおり。

クレアンのダウンジャケット・コートのクリーニングは、様々な工程をへて完成されます。 こうした手間のかかる、技術の要する作業だからこそ、多くのブランドダウンメーカーやブランドダウン愛用者から支持されているのだと思います。

他のビフォア・アフター

ビフォー
IMG_4313
アフター
IMG_4925
ビフォー
IMG_4313
アフター
IMG_4925

ブランドダウンクリーニングに関する疑問は解決しましたか?

お客様からいただくよくあるご質問をまとめたページもご用意しておりますので、疑問点等ございましたらそちらもあわせてご覧ください。

0120-913-814

電話受付時間9:00-18:00