最高水準のリカラー染め替え技術

10,000円以上のご注文で往復送料無料
目次

    バッグ・鞄の底角の修復

    バッグ・鞄の染色・リカラー

    筆で顔料を乗せていきます。
    加工した跡が全く残らないようにするのが、技術です。

    ジャンフランコ・フェレのダレス型ビジネスバッグの底角の修復

    バッグの底の角は擦れやすく、バッグクリーニングのランキングトップの依頼修理箇所です。

    顔料で周りと同じ色をつくり、エアブラシや筆で塗っていきます。

    飲み物のこぼしたシミ・汚れの修復

    ステファンのレザーギャザーバッグのシミ・汚れの修復

    生ジュースをこぼした跡。革に染みこんで変色していまいました。

    バッグクリーニングでシミ汚れを取り、残った跡を全体的に濃い色に染め替えすることにより、補修しました。

    バッグの染め替え

    トッズのDバッグの染め替え

    シルバーメタリック色のバッグ。薄汚れてきたので、黒への染め替え依頼です。

    黒といってもいろいろな黒があり、やわらかなツヤと質感を残した黒に染め替えました。

    金具のマスキングガード

    フルラバッグのロゴ入り留め金のマスキングガード

    バッグ・鞄の染色・リカラー

    染め替え技術は、いかにステッチや金具を損なわずに修復するかが、決め手となります。

    布・キャンバス地の染め替え

    イタリア製の黒と白のメッシュバッグの染め替え

    元のバッグより品のあるバッグに生まれ変わって、お客様に大変お喜びいただけました。

    白い部分が茶色く変色してきたので、なんとかしてほしいとの依頼です。

    バッグクリーニング後に、濃い色に染色し直しました。

    メタリックカラーのメンテナンス

    プラダの長財布のメンテナンス

    ゴールド、シルバーメタリックは染料の密着度が弱いため、色はがれが起こります。

    染料を同じ色に調色するのが大変むずかしい作業です。特殊な染料を調合し、財布の修復を行いました。ゴールド、シルバーのリカラー、染め直しはエナメルに次いで難しい加工です。

    バッグ・鞄クリーニングに関する疑問は解決しましたか?

    お客様からいただくよくあるご質問をまとめたページもご用意しておりますので、疑問点等ございましたらそちらもあわせてご覧ください。

    0120-913-814

    電話受付時間9:00-18:00