液体をこぼした!バッグの内側のトラブル対処クリーニング・修理

10,000円以上のご注文で往復送料無料

バッグの使用中のトラブルで意外と多いのが、バッグの中の汚れです。一般のバッグクリーニング店では、バッグの中をキレイにするのは不得意で、バッグの中までキレイになって戻ってくるのは稀です。飲み物、化粧品、などのシミ汚れの除去の例と作業をご紹介します。

目次

    バッグに日焼け止めクリームをこぼした!場合の修復法

    ゴヤール ボストンバッグ

    日焼け止めクリームをこぼしてタオルで拭いたけれど、全く取れなかったというご依頼です。

    日焼け止めの成分は、鉱物由来のものに油性、水性の液が混じっていますので、乾くと除去するのはやっかいです。

    油性、水性を溶かす石鹸液を散布します。

    柔らかくなったところで、拭き取ります。更にきつく絞った布で拭き取ります。これを繰り返して除去しました。

    ドライヤーで乾燥させます。シミ跡が残らないようにするのがポイントです。

    日焼け止めクリームの跡も完全に除去し、無事バッグのクリーニングが完了しました。

    変色したバッグの汚れは漂白で

    ゴヤール クロワジュール

    こちらは鮮やかなオレンジ色のゴヤールバッグ。しかしバッグの中が汚れてしまいました。

    黄色の内側にシミがつき、変色していますが汚れを除去しただけでは跡が必ず残ります。更に漂白することで再生しました。バッグの漂白はレザーなどがついているので、特殊な技術を要します。

    底板にもべったり付いていたため、同じように、汚れ除去と漂白作業ですっかり取り除きました。

    バッグの中にこぼしたクリームがバッグの外側まで出てきてしまった場合の修復法

    グッチ GGデニムキャンバス トートバッグ

    グッチのキャンバスバッグ。内袋には、広い範囲にべったり白いクリーム状のものがこびりついています。

    外側から見ると、レザーと布の間に白いものが付いています。こぼれた液が外側にまで染み出てきたようです。

    内からも外からもメンテナンスが必要です。まず内側の汚れを、水性、油性の両方の洗浄液で除去しました。ほぼ完全に除去出来たと思います。

    更に外側ににじみ出た汚れを除去し、レザー部分のスレはリカラーで補修しました。

    バッグにコーヒーのこぼし跡が広がった!場合の修復法

    ゴヤール トートバッグ

    外側左下すみに汚れが見えます。内側からにじみ出てきたようです。

    内側を見ると大きなシミ跡があります。コーヒーをこぼしてすぐに拭きとったけれど、かえってひどくなったので、なんとかしてほしいという御依頼です。

    コーヒーは色が強いので、すぐに拭き取り固く絞ったタオルで拭いても、このようなシミ跡が大きく広がってしまいます。

    バッグクリーニングの洗浄で、汚れを落とした後、漂白作業をします。

    さらに最後に仕上げに完全にシミ跡を消すために特殊な染色を施します。

    コーヒーのシミ跡が完全になくなりました。

    この通りです!

    外側のシミも除去し内側、外側ともきれいな形で甦りました。

    バッグ・鞄クリーニングに関する疑問は解決しましたか?

    お客様からいただくよくあるご質問をまとめたページもご用意しておりますので、疑問点等ございましたらそちらもあわせてご覧ください。

    0120-913-814

    電話受付時間9:00-18:00